Sense of Quality Life 美容とコスメ

人気のコスメ、話題の美容情報をご紹介

ヒアルロン酸 効果 ヒアルロン酸ってどうして美容にいいの?役割や効果的な摂取の仕方を知ろう

投稿日:

ヒアルロン酸 効果

ヒアルロン酸 効果

お肌に良い成分として、誰でも一度は耳にしたことのある代表的なものが「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」ではないでしょうか。

お肌にどのような効果があるのか、具体的なことはいまいちわからなくても、何となくお肌を潤してくれそう、きれいにしてくれそう、というイメージを誰もが持っているものですよね。
サプリメントなども多く販売され、化粧品の中にも多く配合されているヒアルロン酸。

そんなヒアルロン酸が、お肌に良い効果をどのようにもたらすのか、今回はその詳細をご紹介していきます。
また、どのように摂取するのが効果的なのかもお話していきますので、興味のある方は参考にしてくださいね。

 
 

ヒアルロン酸の特徴とは?

ヒアルロン酸は水分を保持する力が凄い

そもそも、ヒアルロン酸はどうしてお肌に良い成分とされているのでしょうか。

その特徴として、まず「水分を保持する力が凄く高い」ということがあげられます。
人の肌には表皮、真皮という層がありますが、ヒアルロン酸はそのどちらの層にも存在し、肌の健やかさを保っています。

しかし、ヒアルロン酸が存在するのは肌だけではありません。
なんと、目の内部や関節などにも存在しているのです。
目の内部にある細胞組織同士を結び付けたり、関節がスムーズに働くのを助けたりしています。

ヒアルロン酸はその高い保湿力のほかに、非常にネバネバとしているという特徴もあります。
そのため、関節の動きをサポートしたリ、眼球の組織同士をくっつけるなどの重要な役割を果たしているのです。

ちなみに、ヒアルロン酸は「ムコ多糖類」とも呼ばれていますが、この「ムコ」とはラテン語でずばり、「動物の粘液」という意味です。

 

ヒアルロン酸はいつ発見されたのか

1934年、アメリカ・コロンビア大学において、カールマイヤー博士という人物が牛の目からヒアルロン酸を発見しました。
ヒアルロン酸という成分が世に出たのはこれが最初のことであり、それからその可能性について様々な研究が重ねられます。

初めてヒアルロン酸が主成分の医薬品が登場したのは1987年のことですが、その後は現在に至るまで、美容・医療業界で幅広く活用されています。

 

ヒアルロン酸はどのように医療に使用されているのか

ヒアルロン酸は、医療の場においては関節の機能を改善する薬や点眼薬、あるいは眼科手術補助剤など、実に様々な形で使用されています。

また、ご存知の通りヒアルロン酸は美容医療においても大いに活用されています。
誰もが思いつくのは「ヒアルロン酸注射」ですよね。
といっても、どの部位に打つヒアルロン酸も同じ固さではなく、眉間のしわやほうれい線などにはやや強度のあるヒアルロン酸を、目の下や小じわなどには柔らかいものを使用しています。

 
 

ヒアルロン酸にはたくさんの種類がある

ヒアルロン酸ナトリウムとは

肌表面にはバリア機能というものがあり、外部刺激から肌を守るなどの大切な役割を担っていますが、そのバリア機能を正常に保つ働きをしているのがこのヒアルロン酸ナトリウムです。

普通はヒアルロン酸と言えば、このヒアルロン酸ナトリウムのことを指します。
分子が大きいため、角質層より奥に浸透することはありません。

 

アセチル化ヒアルロン酸とは

先にご紹介したヒアルロン酸ナトリウムと違い、角質層の奥にまで浸透するのがこのアセチル化ヒアルロン酸です。
どうしてかというと、ヒアルロン酸と油の成分を結合させたため、角質層の奥にまで浸透することが可能となっているのです。

ヒアルロン酸ナトリウムの分子と比べると、こちらは10分の一以下の大きさです。

 

加水分解ヒアルロン酸とは

こちらもかなり分子の小さいヒアルロン酸です。
角質層にまで届きますが、これはヒアルロン酸に水分を加えて分子をかなり細かくしたためです。
「浸透型ヒアルロン酸」とも呼ばれています。

 
 

ヒアルロン酸にはこんなにすごい効能がある

肌を保湿してくれる

肌には表皮と真皮という層があり、ヒアルロン酸はそのどちらにも存在するということはすでにご紹介しました。
ヒアルロン酸には非常に高い保湿力があるので、どちらの層においても必要な水分を抱え込み、しっかりと肌を潤してくれます。

 

体のエイジングケアをしてくれる

人間の体は加齢とともに弾力が低下し、乾燥していきます。
肌においては、ほうれい線やしわなどが表れますが、ヒアルロン酸がしっかりと保持された肌なら、潤って弾力のある状態が続くのです。

プルプルとして潤った肌というと赤ちゃんの肌を思い浮かべますが、実はこの赤ちゃんの肌は体内のヒアルロン酸含有量はピークです。
これが加齢とともに失われていくのは自然なことであり、仕方のないことですが、適切に摂取することで体が弾力を失ったり、乾燥したりするのを遅らせることもできるのです。

 

ヒアルロン酸が減少するとどのようなことが起きるか

年を取ればとるほど、体内のヒアルロン酸はどんどん減少していきます。
具体的にはどのような影響が体に表れてくるのでしょうか。

肌が乾燥したり、しわができたりといったわかりやすいサインの他には、目の機能が低下したり、関節の機能が衰えたりといった現象も起こります。
美容だけでなく、健康にも悪影響を及ぼすと思うと、怖いものですね。

しかし、ヒアルロン酸の減少は防ぐことができます。
それには、きちんとした生活習慣をしたり栄養バランスの取れた食事を意識したりすることが大事です。

実は、ヒアルロン酸にはその親の細胞ともいえる「線維芽細胞」という細胞があります。
健康的な生活を続けていると、この線維芽細胞が活性化されるのです。

また、この細胞が元気になることにより、エラスチン、コラーゲンなどのほかの美容成分も生成されやすくなります。
健康的な生活を送ることは、まさに美容の基本なのです。

 
 

ヒアルロン酸の効果的な摂り方とは?

ヒアルロン酸配合の化粧品

ヒアルロン酸が配合された化粧品は、本当にたくさん販売されています。

どれを試してみたらいいのか、つい迷ってしまいますが、ヒアルロン酸配合の化粧品を選ぶ際にはコツがあります。
それは、なによりまず「信頼できるメーカーが作っている商品である」こと、そして「続けやすい値段のものである」ことです。

どうして信頼できるメーカーのものであることが大切なのでしょう?
それは、我々一般人には、専門家と違い化粧品の原料についての知識がないからです。

ヒアルロン酸と一口に言っても、その種類は実に様々です。
どのようなものが使われているのか、その品質の差を見極めることは至難の業です。
また、製造過程も一般人にはうかがい知ることができません。

目に見えないプロセスのことは気になりますが、信頼できるメーカーのものなら安心して購入できますよね。

その他、続けやすい価格のものであることも大切です。
化粧品をひと瓶あけたらおしまい、ではなく、使い続けなければお肌への良い影響も期待できません。

ヒアルロン酸が配合してある化粧品は、肌の乾燥が気になる方には特におすすめです。
保湿力がとにかく高いため、使い続けるうちにお肌がだんだん変わってくることを実感できるでしょう。

しわに悩んでいる方、たるみが目立つ方にも同じくおすすめです。

 

サプリメント

ヒアルロン酸のサプリメントも数多く販売されています。
ヒアルロン酸のほかに、セラミドやビタミンなどのほかの美容成分も配合されているもの、またジェル状のサプリメントや粉末状のもの、タブレット状のもの・・・その性質や形状も、本当に様々です。

何が自分に合うものなのか、いくつかの種類を試してみると良いと思います。
おすすめなのは「低分子ヒアルロン酸」で、これは分子が小さく作られているため、効率よく体内に吸収されるという特徴があります。

 

ヒアルロン酸注射

サプリメントなどと並んで、ヒアルロン酸注射も多くの方の支持を集めています。

深いしわやほうれい線などに悩み、化粧品などではなかなか改善しない方が、ヒアルロン酸注射を選択することが多いようです。
確かに、化粧品などでは解決できなかった悩みに対しても、注射は効果的です。

ただし、一度打ったらずっと効果が持続するというものではなく、その効果は3カ月から1年ほどしか持続しません。

また、ごくまれにですが、副作用の起こる心配もあります。
その他、医師の技術レベルによっては、失敗ということも起こりえます。

化粧品などのケアでは、どうしてもお肌の悩みが改善されない方は、ヒアルロン酸注射を考えてみることもおすすめです。
ただしその際は、上記のようなリスクも存在することを考慮しなければなりません。

 
 

まとめ

高い保湿力を持ち、美肌のためにも、また健康のためにも、大きな役割を果たしてくれているヒアルロン酸。
いつまでもしなやかで弾力のある肌や体を維持するために、適切に摂取することを心がけたいものですね。

化粧品、サプリメントなど、ヒアルロン酸を摂取できる商品は世の中にたくさんあります。
ぜひ、自分に合う方法を見つけて、いつまでも美しく、元気な体を維持していきましょう。

 
 

-スキンケア
-, ,

Copyright© Sense of Quality Life 美容とコスメ , 2018 All Rights Reserved.