Sense of Quality Life 美容とコスメの口コミ

人気のコスメ、話題の美容 口コミをご紹介

美容オイルの効果・メリット 美容オイルの効果的な使い方

更新日:

美容オイル 効果近頃話題のオイルを使った美容法。一体どんなメリットがあるの?効果的な使い方って?

美容オイル効果

ここ数年、美容オイル、というアイテムを目にする機会が増えてきました。
お手頃価格のものから1本1万円以上するブランドのオイルまで幅広く揃っていますが、「油を塗ったら肌がベタベタしそう」というイメージも強く、使ってみたことがないという方も多いのではないでしょうか?

しかし、美容オイルは肌に馴染みやすいようになっているものが多く、乾燥に悩まれている方にはかなりおすすめのアイテムなのです。
ここでは、美容オイルに興味がある、という方のために美容オイルの種類や特徴、使い方について解説します。

 
 

まずは美容オイルについて勉強しよう

オイルはクレンジング料としてはもちろん、髪の毛や爪の手入れにも使われることがあるため、今までに何らかのオイルを使ったことがあると思います。
保湿力が高く、滑らかな使い心地であることが特徴です。

 

美容オイルはどんな働きをするものなの?

私たちの肌には、皮脂があります。
皮脂と美容オイルは相性がよく、肌を守るためのバリアとしての役割を果たす油膜の効果をサポートしてくれます。
こうすることで肌にある水分が蒸発しないように防ぎ、乾燥も予防します。
乾燥はさまざまな肌トラブルを招いてしまいますので、なるべく水分と油分のバランスが良い状態を維持できるようなスキンケアを心掛けるようにしましょう。

美容オイルを使おうと思ったとき、「どのタイミングで使うのが良いのか」と迷うと思いますが、美容オイルは使うタイミングで少し効果が違ってきます。
洗顔直後に使えば肌を解してくれるため、化粧水などの浸透を助ける効果が得られ、スキンケアの最後に使えばスキンケアアイテムが蒸発、乾燥してしまうことを防ぎます。

 

美容オイルの種類は?

オイルとして分類されますが、美容オイルは抽出する原材料によって種類や効果が異なります。

・美容オイルの定番「ホホバオイル」
ホホバ、という植物の種子を使用して抽出したもので、さまざまなブランドから発売されています。
肌馴染みがよく、ビタミンEを豊富に含有しているうえ、敏感肌でも使えるほどの低刺激で、美容オイル初心者でも使いやすいオイルです。
・食用だけに留まらない「オリーブオイル」
オリーブオイルの中には、肌を守るバリア機能を向上させる力を持つオレイン酸が含まれているため、肌荒れをケアしたい場合にもおすすめです。
オレイン酸の他にも、ビタミンやミネラル、スクワランといった成分も含んでいるので美肌効果が期待できます。

ただし、食用のオリーブオイルを肌に使うのは禁物です。
食用とスキンケア用では精製のレベルが異なりますので、美容オイルとして発売されているオリーブオイルを選んでくださいね。

・美容効果が高く人気のある「アルガンオイル」
アルガンオイルの中には、カロテン、ビタミンE、必須脂肪酸が豊富に含まれていることから、肌の柔軟性を高める効果が期待できます。
さらに、抗酸化力を持つ成分も含有しているため、アンチエイジング効果を期待して使用しているという方もおられます。

アルガンオイルは希少性の高いものですので、ホホバオイルやオリーブオイルなどと比べると少々高価になるようです。

・日本に昔から伝わる美容オイル「椿オイル」
椿の実から採取されるオイルの歴史は古く、なんと江戸時代から女性に愛用されてきたそうです。
主にヘアケアとして使われることが多いのですが、肌荒れ、シミ予防といった効果が期待できるとのこと。
オリーブオイルと同様に、スキンケア用として発売されているものを選んでください。

この他にも、馬油、ココナッツオイル、ローズヒップオイル、アーモンドオイルなどがあります。
効果や値段などを比較して、自分が使いたいと思うオイルを見付けてくださいね。

 
 

美容オイルを使ったらどんな効果が得られるの?

効果その1.保湿

肌トラブルのないきれいな肌を維持するために欠かせないのは、肌を外的刺激などから守ってくれるバリア機能です。
さきほども解説しましたが、皮脂が肌表面に油膜を作ることで、肌内部から水分が蒸発してしまわないように蓋をしてくれます。

しかし、皮脂は老化や肌荒れなどの要因で量が減ってしまうことがあります。
肌が乾燥しやすくなった、と思う場合に美容オイルを使ってみると、油膜を作る働きを助けてバリア機能を向上させる効果が得られます。

 

効果その2.肌の代謝を助ける

肌はターンオーバーによって新しいものへと生まれ変わっていきます。
しかし、年齢や生活習慣の乱れによってそのリズムが乱れたり狂ったりすることがあり、シミやくすみを生み出すことになります。
美容オイルを使えば肌の柔軟性が高まり、ターンオーバーも適切に行われるようになるため、美肌を作るために欠かせない肌の代謝を高めることができます。

 

効果その3.シミ予防

年齢とともに増えたり濃くなったりするシミは女性の大敵ですね。
早めにアンチエイジングを行うことで防げるようになるので、いち早くケアを始めたいと思われる方も多いようです。
美容オイルの中でも、抗酸化作用を持つ成分が含まれているものを選べば、年齢肌対策になりますよ。

 

効果その4.炎症を抑制する

馬油はとくにこの働きに優れており、古くから傷跡のケアに用いられていたそうです。
皮脂とよく似た成分のオイルを使うことで炎症ケアができますので、肌の炎症に悩まれている方も美容オイルを使ってみると良いかもしれません。

 
 

美容オイルの使い方は?

まずは、スキンケアの最後に使ってみるのがおすすめ

ポイント
美容オイルを使う際、最もおすすめなのはスキンケアの仕上げにオイルを使う方法です。
肌に蓋をして乾燥を防いでくれますので、夜眠っている間の肌の乾燥が気になる場合にも効果的です。

 

美容液代わりに使う

ポイント
美容効果に優れたオイルは、美容液のように使うという方法もおすすめです。
自分の求める効果を持つオイルを選び、美容液を使うタイミングで美容オイルを使ってクリームか乳液で仕上げます。

 

ベースメイクと混ぜて使う

ポイント
乾燥が気になる季節におすすめなのがこの方法です。
ほんの1滴だけ化粧下地やリキッドファンデーションと混ぜて使うだけで、保湿力がグンと高まります。
さらに、自然な艶感も得られます。

 

美容オイルを髪や体に使ってもOK!

ポイント
肌に使えるオイルですので、顔意外の部分に使っても問題ありません。
1本入手すれば全身のケアができるようになるので、かなり便利ですよ。

 
 

美容オイルを使う際に気を付けたいことは?

どれでも良いという訳ではない!

美容オイルの品質はアイテムによって異なりますし、肌との相性も個人によって大きな違いが出ます。
口コミなどを参考に高品質な美容オイルを選び、可能であればテスターやサンプルを使って使用感をチェックすると良いでしょう。

 

酸化しやすい原材料には注意

天然であることにこだわったオイルの中には、保存料が使われていないものもあります。
肌に優しいものである一方、数か月単位で保管することが非常に難しいという特徴がありますので注意してください。
酸化しにくいオイルもありますが、なるべく早めに使い切る方が良いと言われています。
品質の劣化を防ぐためにもどのオイルも保管する際には日光の当たらない場所に保管しましょう。

 

美容オイルだけのケアは乾燥のもと

美容オイルは油分ですので、肌の水分量を調節するような効果はありません。
化粧水を使って水分を与えなければ、どれだけ良い美容オイルを使っても効果は半減してしまいます。
正しく使って美容オイルの保湿力を体感してください。

 
 

美容オイルの効果は想像以上かもしれない?

美容オイルの種類や効果、使い方を紹介してきましたが、使ってみたいという気持ちが高まったのではないでしょうか。
美容オイルは肌馴染みがよく保湿力も高いので乾燥する季節だけ使うという方も多くおられます。
ぜひ自分の求める効果を持ったオイルを見付けて、実際に使ってみてくださいね!

 
 

-コラム
-

Copyright© Sense of Quality Life 美容とコスメの口コミ , 2018 All Rights Reserved.