Sense of Quality Life 美容とコスメの口コミ

人気のコスメ、話題の美容 口コミをご紹介

肌のかゆみ、何とかしたい! 効果的な予防と対策

更新日:

肌 かゆみ 予防

肌かゆみ予防

多くの人を悩ませる乾燥肌。

特に冬場の乾燥した季節には
多くの人が乾燥肌に頭を抱えています。

潤いを失い、カサカサした肌は
見た目も悪いですし、
化粧をしてもなんだかしっくりきません。

女性にとって、化粧がうまくいかないということは
かなりのストレスですよね。

へたをすると、一日暗い気分で
過ごすことになりかねません。

それより辛いのは、乾燥が進むと
かゆみを感じることですよね。

一度かゆみが気になると、
気になってなかなか仕事などに集中できません。

どうして肌が乾燥すると
かゆみを感じるようになるのでしょうか?

今回は、なぜ肌は乾燥するのか、
どうしてかゆみが起こるのか
を詳しくご紹介していきます。

もちろん効果的な解決法についても
ご紹介しますので、今現在、
かゆみに悩まされている方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

なぜ肌は乾燥し、かゆみを伴うのか

バリア機能が乱れると、肌は乾燥してしまう

そもそも、人の肌は
なぜ乾燥するのでしょうか?

肌には「バリア機能」というものがある
ことは皆さんご存知だと思います。

このバリア機能とは、
肌表面に存在する皮脂膜のことです。

この皮脂膜、油分と水分とが
バランスよく混ざり合って構成されています。

これが肌表面に存在することで、
肌は外部の刺激から自らを守ることができるのです。

さて、肌が乾燥してしまうのは、
何らかの理由でこのバリア機能が
弱まってしまうことが原因です。

バリア機能が弱まる原因は、
いくつか考えられますが、
代表的なものとしては
身体を過度に洗いすぎたり
熱い湯に浸かったりすること、
またエアコンなどの
乾燥した空気にさらされたり
必要なスキンケアが足りていない
ことなどが考えられます。

その他、加齢ストレス
アレルギーなども乾燥肌の原因
として挙げられます。

聞いたことがあるかもしれませんが、
お風呂に入るとき、
あまりに熱いお湯を使ったり、
過剰に肌を洗いすぎると、
体に必要な皮脂まで洗い流してしまい、
乾燥肌の原因を作ることがあります。

さらに、
着用している衣服が肌に合わない
などの理由で乾燥肌を引き起こす
ことがあります。

加齢や、冬場の乾燥した空気などは
避けようがありませんが、
過度に洗いすぎたり、
スキンケア不足などは
考慮する必要がありますね。

 

かゆみはどうして起こるのか?

それにしても、なぜ肌が乾燥すると
かゆみまで引き起こすのか、
不思議ですよね。

実は、かゆみには「ヒスタミン」という
成分が大きく関係しています。

私たちの肌は、刺激を感じると
ヒスタミンが増えるようになっています。

神経を通じて脳にそのことを
伝達されることにより、
「かゆい!」という感覚を
感じるようになるのです。

多くの人が経験していることだと思いますが、
かゆさを感じると肌を掻きむしって
余計にかゆみが増したりしますよね。

ヒスタミンが増えるのは
肌に刺激が加えられることによってですが、
一度感じたかゆさのために肌をかくことで、
ますますヒスタミンが増えてしまう
ことになるからなのです。

蚊に刺されたりしたときなどは、
どんなにかゆくても
かくのを我慢してみましょう。

それでもどうしても我慢できない場合は
薬を塗る、氷で冷やすなど
してみてください。

 

乾燥だけじゃない、かゆみの原因

肌が外部刺激を受けると、
ヒスタミンという物質が増えて
かゆみを感じるということを
お伝えしました。

乾燥するなどして
肌のバリア機能が低下すると、
外部刺激を受けやすくなりますから、
乾燥もできるだけ避けたいところです。

乾燥以外にかゆみを引き起こす
原因といえば、ストレスや薬、
虫刺され、寒暖差やアレルギー
などが考えられます。

これらは日常よくあることであり、
避けようのないところもありますが、
それでも肌にとっては立派な刺激であり、
ヒスタミンが増える原因となりえます。

もし、これらのことが原因で
かゆみを覚えたことがある人なら、
そのような刺激をできるだけ避けるよう
配慮が必要です。

 
 

かゆみを抑えるにはこんな方法があった!

保湿を心がける

肌を外部刺激や乾燥から守るには、
とにもかくにも保湿をしっかりする
ことが大事です。

特に肌が乾燥しやすいのは、
洗顔をしたあと、
そして入浴をしたあとです。

これらの後はあまり時間をおかず、
なるべく早めに保湿をしてください。

よく言われていることですが、
水分だけでなく、
クリームや美容液などを使い
上から蓋をしてあげることで
保湿効果はぐんと高まります。

 

皮膚温度が上がらないよう気を付ける

これも多くの人が経験していることかもしれませんが、
虫刺されなどで肌がかゆくなっているとき、
肌表面の温度が上がると
かゆみが酷くなってしまいます。

これは肌の温度が上がることで
神経線維が活発になったために起こることです。

これを避けるために、
普段から部屋の温度を少し低めにしておく、
運動するときはあまり厚着しない、
お酒を控える、
お風呂の温度は40度未満に設定して
さっと入浴を済ませる、
などの工夫をしてみてください。

 

食べ物でヒスタミンを抑える

食べ物の中には、ヒスタミンを抑える
作用のあるものもあります。

ブロッコリーやイチゴ、小松菜、ヨーグルト、
きのこや納豆や海藻類などがそれです。

また、これらの中には
ビタミンを多く含むものもあり、
お肌に良い効果をもたらしますので
日常的に摂取して欲しいところです。

これとは逆に、
ヒスタミンを増やしてしまう食べ物
というものもあります。

マグロや豚肉、とまと、なす、
ワインやチョコレート、コーヒー、
お餅やサラミなどです。

虫刺されなど何らかの原因で
肌がかゆみを覚えているときに
これらの食べ物を多く摂取することは
控えた方がいいでしょう。

 

薬でかゆみを抑える

かゆさを抑えるためにできることはいろいろありますが、
それでもどうしても効果がない場合には
クリニックできちんと診療を受けましょう。

クリニックでは、抗ヒスタミン薬、
ステロイド外用薬、尿素・ヘパリン類似物質
などのような薬を処方してもらえます。

どのような原因でかゆみが引き起こされているのかによって、
処方される薬が違ってきますので、
原因を正確に医師に伝えるようにしてください。

 
 

保湿を徹底して乾燥によるかゆみを防ごう

かゆみには保湿を徹底することが大事

肌がかゆみを感じているときに、
一番大事なのは肌が乾燥することを防ぐことです。

以下に、保湿力の高い成分をご紹介していきますので、
かゆみを感じたらこれらを補給するようにしてみてください。

1、グリセリン

人間だけでなく動物や海藻も持っている成分です。
そのため肌に刺激を与えることが少なく、
保湿化粧品のベースに多く利用されています。

2、アミノ酸

乾燥肌に有効な化粧品に多く利用されている
アミノ酸は、肌を作るたんぱく質です。
肌のバリア機能にも含まれている成分ですから、
普段から積極的に補給すると肌の健康に役立ちます。
肌の水分量を保ってくれる働きを持ちます。

3、尿素

尿素は特に角質が厚くなって
しまっている方におすすめです。
なぜなら、尿素には固くなった肌を
柔らかくしてくれるという特徴があるからです。
ただし、肌が薄い人が尿素を使ってしまうと、
バリア機能によくない影響を与える
可能性があるので、注意しましょう。

4、プロテオグリカン

鮭の軟骨から抽出された
糖たんぱく質のことです。
ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分が
保湿効果をもたらしてくれるのは
誰もが知っていますが、
プロテオグリカンはこれらの成分を
増やしてくれる特徴があります。

 

良い生活習慣を心がけよう

このほか、日常生活の中に
良い習慣を取り入れていくことも非常に大事です。
しっかり良質な睡眠をとることや、
紫外線から肌を守ることなど、
肌のためにできることを始めましょう。
また、肌に刺激を与えないような
衣類や寝具を選ぶことなども大事です。
日常の中に肌に良い習慣を根付かせることで、
将来の肌の状態がぐんと変わってくるのです。

 
 

まとめ

いかがでしたか?

乾燥による肌のかゆみはやっかいですが、
健康的に生活したり、保湿を心がけるなど、
肌に良いことを取り入れるだけで
効果をあげることができます。

肌は健康のバロメーター、といいますが、
肌が乾燥しているということは、
何らかの理由で肌のバリア機能が衰えている証拠です。

保湿や生活習慣、健康に気を配り、
いつでも潤う肌を手に入れてくださいね。

 
 

-スキンケア
-, , ,

Copyright© Sense of Quality Life 美容とコスメの口コミ , 2018 All Rights Reserved.