Sense of Quality Life 美容とコスメ

人気のコスメ、話題の美容情報をご紹介

首にイボができる原因 イボを取り除く方法 イボを予防するために行いたいこと

更新日:

首のイボってどうしてできるの?改善と予防のために気を付けたいこと、教えます

首イボ原因

首元は顔に比べるとあまり意識していない人も多いパーツかもしれませんが、ある日気付いたらイボができていた!ということがあります。
できたのが1個だけだったとしても、やはり目立ちますし、肌触りも良くありませんね。

イボができる原因となるのは、紫外線や摩擦です。
時間をかけずにイボを取り除きたいのであれば、医療機関を受診するのがベストですが、時間がかかっても自力でケアする方が良いという場合に効果的な方法がありますので、紹介します。

 
 

イボの種類と、イボができる原因について

良性腫瘍

首、顔、脇といった部分にできるのが良性腫瘍です。
腫瘍、と付いていると少し身構えてしまいますが、放っておいても問題のないものですので安心してください。
アクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維種や脂漏角質症、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)といった名前で呼ばれますが、呼び方が異なるだけでどれもイボです。

良性腫瘍の原因となるのは、紫外線、摩擦だと言われていますが、遺伝によってイボができやすい体質であることも関係しているという話もあります。
両親にイボがある場合は、イボができやすい体質が遺伝しているかもしれないと思っても良いかもしれません。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

このイボは、ウイルス性のものです。
触ってみると、しこりのようになっていて硬いのが分かります。
首にできることはまれで、足、指といった角質の厚くなりやすい部分に発生します。

尋常性疣贅は、傷ができたタイミングで尋常性疣贅の原因となるウイルスが体内に侵入することで発生します。
傷口から入ったウイルスが、皮膚を下から盛り上げている状態です。
このウイルスの好物は、角質です。
角質が多くなりやすい指や足の裏に尋常性疣贅が発生すると、ウイルスは豊富な餌があることで繁殖して範囲を広げていくことがあります。

 
 

自分はイボができやすい?まずは簡単なチェックから

両親、近い親族にイボがある

さきほど説明したように、イボができやすい体質は遺伝する可能性があるものです。
自分にイボができやすい体質が遺伝しているのでは?と思う場合は、イボ予防を行うようにしましょう。

乾燥肌

乾燥肌の特徴に、皮膚が硬くなる、肌のバリア機能が低下して外的刺激によるダメージを受けやすくなる、というものがあります。
これはイボができやすくなる状態です。

摩擦の多い服、アクセサリーを身に着けている

服を着たとき、首回りがちくちくするものをよく着ている、アクセサリーを毎日付けて肌が擦れている、ということが続くと肌が摩擦の負担を受け続けることになり、イボが発生しやすくなってしまいます。

紫外線対策をせずに外で活動している

紫外線はシミ、そばかすの原因としては有名ですが、実はイボを作る原因でもあります。
肌が紫外線を受けるとメラニンを生成する、という以外にも、イボを作るための働きを始めることもありますので、首回りもしっかりと日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。

妊娠、出産

妊娠や出産の際、自分の体質が変わった、と感じる女性も多いようです。
その中には、イボができてしまった、という方もおられます。
なぜ妊娠、出産時にイボが発生するのかというメカニズムは解明されていません。

30歳を超えた

実はイボは老化現象、エイジングサインのひとつであると言われています。
そのため、30歳を過ぎるとイボができやすくなるようです。

 
 

イボを取り除きたい!

イボケア用のアイテムを使うのがおすすめ

イボを改善するためのアイテムは、数多く発売されています。
たくさんあって選べないという場合には、口コミなどを参考にしながら選びましょう。
しかし、自分でイボを治すためのものには即効性はあまり期待できませんので、イボが消えるまで気長に使い続ける必要があります。

 

同時に保湿も行うと良い

顔の保湿は丁寧に行っている方も多いと思いますが、首も保湿をしてあげましょう。肌内部の水分量が低下すると、外からの刺激に弱くなってしまい、イボができやすくなってしまいます。肌を守るバリアの力を高めておけば、イボ対策になりますのでイボ予防としても効果的です。

 

ちょっと手荒な方法も…

今すぐにイボを取ってしまいたい!という場合は、物理的に取り除くことも可能です。
例えば、ハサミでイボを切ってしまう、糸を使ってイボをねじ切る、ドライアイスを使ってイボを破壊する、線香を使って焼いてしまう、という方法があります。
しかし、これらの行為全てに痛みや恐怖感が伴いますし、肌に対して非常に大きな負担やストレスを与えることにもなります。また、取り除いた後のケアを間違えてしまうと、肌トラブルが発生することになりますので、おすすめできません。
どうしても今すぐイボを取り除きたい場合は、皮膚科を受診してください。

 

皮膚科でできるイボ除去の処置

イボを取り除くための方法は3つあります。

・ハサミで取り除く
・液体窒素を使ってイボを破壊する
・炭酸ガスレーザーを使って取り除く

レーザー治療は自費診療となってしまうため費用が高くなりますが、顔にできたイボをきれいに除去する効果はかなり期待できます。
ハサミ、液体窒素を使った処置であれば、保険適用内となりますので、費用負担は小さくなります。

 
 

イボを予防するために行いたいこと

乾燥させないように保湿する

さきほども解説しましたが、肌の乾燥はイボができやすい状態を作ります。
肌が乾燥していると、摩擦などの刺激を受けやすくなりますので、肌のバリア機能を高めるためにも保湿は欠かせません。
スキンケアの際に、顔から首、デコルテまでケアするように気を付けるだけで十分ですので、今日から行ってみましょう。

 

摩擦、刺激は少なくする

遺伝しやすい体質は変えることはできませんが、肌の刺激を避けるとイボができやすい体質であってもイボができる可能性を低くすることができます。
そのために気を付けたいことは、以下の3つです。

ポイント
1.タートルネック、ちくちくする素材を使った服を多用しない
2.肌に直接触れるアクセサリーは小さめのものを選ぶ
3.紫外線対策を徹底するのと同時に、肌負担の少ない日焼け止めを使う

何度も言っていますが、イボを作らせないためには肌に摩擦や刺激、紫外線を与えないことが大切です。
なるべく肌の刺激を避けながら生活しましょう。

 

ウイルス性のイボは触らない!

ウイルス性のイボは菌の働きで広がるのですが、自分でイボを触ってしまうとさらにその範囲を広げることになりかねませんので、注意してください。
ウイルス性のイボができたときに気を付けたいのは、以下のことです。

ポイント
・イボを触らない
・イボを触ったら、他の部位に触れない
・ウイルス性のイボだと思ったら、すぐに皮膚科へ行く

気を付けたいのはこの3つですが、日頃から角質ケアをしてウイルスに餌を与えない、免疫機能を向上させてウイルスに対抗できる強さを持っておく、ということも大切です。

もしも、イボが急激に大きくなったり出血を伴っていたりする場合には、悪性のイボである可能性が疑われます。
イボの直径が7mm以上になっていたり、出血が黒色、茶色だったりした場合は、皮膚科を受診しておきましょう。

 
 

まとめ

イボは見た目的にかなり気になるものですが、摩擦や刺激、紫外線を避けるだけでも予防することは可能です。
毎日のスキンケアで保湿を行えば、肌のバリア機能が高まってイボ予防に効果的ですので今日からぜひ行ってみてください。
もしもイボができたとしても、自分でのケアや皮膚科での処置を受ければ解消できます。
あまり深刻に悩み過ぎないでくださいね。

 
 

-コラム
-, ,

Copyright© Sense of Quality Life 美容とコスメ , 2018 All Rights Reserved.